PyeongChang Tourist Information
 

平昌シティツアーバス

平昌シティツアーバス Share

住所

江原道平昌郡 龍坪面 平昌大路1715

電話番号

033-334-9602

旅行ホットライン

+82-2-1330
(Korean, English, Japanese, Chinese)

江原道外国人通訳案内

+82-80-840-0505

Website

http://tour.pc.go.kr/happy700bus/

Type

祭り/行事

紹介

平昌シティツアーバス 平昌日帰りツアー、こんなに簡単!


皆さんこんにちは!私は、江原道の平昌に住んでいる ヌンドンイです。今日から平昌(ピョンチャン)の観光スポットを紹介することになりました。平昌の旅、今からワクワクです!皆さんとの旅に期待はありましたが、悩みもありました。どこを最初に紹介しようかということです。そこで浮かんだアイデアが、「平昌シティツアーバス」なんです。平昌の観光スポットを一番簡単で快適につないでくれるこのバスと一緒に、今月行くべき最初の平昌ツアーを始めましょう!

予約当日の午前9時30分、眠い目をこすりながら平昌駅に到着しました。平昌シティツアーバスは、平昌駅と珍富駅から乗車できます。バスに乗ると、運転手さんが名前を確認して、ネックストラップとカイロをくれました。運転手さん、ありがとう!10時10分。いよいよ平昌駅を出発し、珍富(チンブ)駅で残りのお客さんを乗せたら、本格的に今日のツアーがスタートします。

最初の目的地は、平昌を代表する千年古刹の月精寺(ウォルチョンサ)です。お寺自体はもちろんですが、その前に広がるモミの森道も有名です。今回は、月精寺とモミの森道についてもっと深く知ることができる時間でした。平昌シティツアーバスには、平昌の文化観光ガイドが同伴します。以前はただぶらぶら歩いていただけなのに、今回はモミの木がここになぜこんなに多いのか、通り過ぎる門が仏教の世界ではどのような意味を持つのか、国宝に指定された月精寺八角九層石塔がどれほどすごいものかについても学びました。

月精寺モミの森道をずっと歩いていたら、お腹がすいてきました。昼食は、月精寺近くの「五台山グルメビレッジ」で!20以上のレストランが集まっていて、選ぶ楽しみもありますね。私は、久しぶりに干しスケトウダラ入り酔い覚ましスープを食べました。二日酔いではありませんので、誤解しないでくださいね!

次は、ハヌル牧場です。ここは、トラクター馬車に乗って仙子嶺(ソンジャリョン)近くまで簡単に上がれ、平昌の美しい自然の風景がいつでも見られるスポットなんです。牧場なので、羊や牛、馬もいます。冬ということもあり、ふわふわの羊だけしかいませんでしたが、羊のエサやり体験もできました。すぐそばにそり乗り場があったんですが、乗れなくてちょっと残念でした。久しぶりに私の実力を発揮できると思って期待していたんです。

最後は、平昌冬季オリンピックのシンボル!アルペンシアスキージャンプ台。オリンピック後にスキージャンプ台の上が開放されたので、訪れました。まず、大関嶺(テグァンリョン)スキー歴史図書館から見学しましょう。こちらの方が、韓国スキーの歴史について興味深い説明をしてくれました。

スタジアムからスキージャンプ台の入口までは、モノレールを利用しました。モノレールでスキージャンプ台がある場所まで上がる瞬間は、ちょっと怖かったです。モノレールが揺れながら上がったり、急勾配が続いたりしました。安全だと説明はされたんですが、それでも怖かったですね。ガクブル。

とにかく、無事スキージャンプ台に到着しました。普通のエレベーターよりも随分高くなっていたので聞いてみると、スキーを持って乗る選手たちのためだと言うことでした。平昌冬季オリンピックにこんな細かな気づかいがあったという事に、みんなで感心しました。展望台からは、アルペンスキー場と遠く龍平(ヨンピョン)リゾートがある発旺山(パルワンサン)も見えました。反対側のカフェでは、さっき行った仙子嶺の稜線が延々と広がる景色が鑑賞できました。

いつのまにかツアーもおしまい。平昌シティツアーバスは、お客さんを全員乗せて珍富駅、平昌駅の順に向かいました。みんな名残惜しさと感謝が半々で、文化観光ガイドの方とバスの運転手さんに挨拶をしました。次にまた来たいという言葉も忘れずに。ヌンドンイも、次の機会があればまた平昌シティツアーバスで旅したいです!本当に充実した楽しい日帰りツアーでした。

利用案内

アクセス情報

鉄道・バスアクセス情報

マイカーアクセス情報

周辺観光地

image thumbnail

ライフスタイルを変えたピ

8 0

image thumbnail

巨文·金堂山(コムン·ク

1499 0

周辺レストラン

image thumbnail

キスメットコッテージ

1018 0

image thumbnail

ジューパルスコーヒー

966 0

image thumbnail

蕎麦を抱いた鶏(そば·鶏

1173 0

周辺宿泊営業所

image thumbnail

ピョリビンナヌンバメ

1023 0

Site&Language

Social Media