PyeongChang Tourist Information
 

李孝石(イヒョソク)生家

李孝石(イヒョソク)生家 Share

住所

江原道平昌郡蓬坪面李孝石ギル33-11 (蒼洞里、李孝石生家)

電話番号

033-330-2771

旅行ホットライン

+82-2-1330
(Korean, English, Japanese, Chinese)

江原道外国人通訳案内

+82-80-840-0505

Website

http://welcome.pc.go.kr

Type

観光地

紹介

李孝石文化村は、韓国短編文学の白眉といわれる「ソバの花咲く頃」の作品の舞台であり、可山(号名:カサン)李孝石先生が生まれ育ったところでもあります。 1990年度に文化観光部から[全国第1号文化村]に指定されており、ここ孝石文化村を背景に「ソバの花咲く頃·孝石文化祭」が毎年8月末か9月の初めに開かれます。李孝石文化村の中には、李孝石(イヒョソク)生家、水車小屋、チュンジュチプ(小説に出てくる宿屋居酒屋を再現した建物)、可山公園、李孝石記念館、ソバ郷土資料館などがあります。

李孝石の生家は江原道に多く見られる家で、生家の本来の姿はわらぶきの家であったと言われますが、今では大きな2本のオムナム(ハリギリ)の木が庭を占めており、「く」の字形に建てられたトタンぶきの家になっています。李孝石は1907年2月23日江原道平昌郡蓬坪面(ポンピョンミョン)蒼洞里(チャンドンリ)(現在の蒼洞4里南安東681番地)で、父イ・シフと母ガン・ホンギョンの長男として生まれ、3人の姉(イ・ジョンウォン、イ・ジョンスン、イ・ギェスク)と養子に迎えた弟(イ・ハクスン)がいました。李孝石の妻イ・ギョンウォンは新世代の女性で画家志望でした。次男ヨンジュは1940年に、長女ナミは2015年に他界し、現在1男1女が生存しています。

Map

利用案内

Review

アクセス情報

鉄道・バスアクセス情報

マイカーアクセス情報

周辺観光地

image thumbnail

李孝石(イヒョソク)文学

2063 0

image thumbnail

蓬坪(ポンピョン)伝統市

2316 0

image thumbnail

チュンジュチプ

1405 0

image thumbnail

李孝石(イヒョソク)可山

1380 0

image thumbnail

孝石(ヒョソク)文化村

2820 1

周辺レストラン

image thumbnail

ペリカナチキン

294 0

image thumbnail

ボンピョンタニムキル

274 0

image thumbnail

キムヨンイ飯屋

277 0

image thumbnail

キダリアジョッシ

280 0

image thumbnail

キムバクサ

276 0

image thumbnail

コナキング

285 0

周辺宿泊営業所

image thumbnail

パームストーリー

200 0

Site&Language

Social Media