PyeongChang Tourist Information
 

トンマッコルへようこそ - 美灘面

トンマッコルへようこそ - 美灘面 Share

住所

江原道平昌郡美灘面トンマッコルギル122 (栗峙里)

Type

映画ドラマロケ地

紹介

トンマッコルストーリー

映画“トンマッコルへようこそ"は、朝鮮戦争に参戦中、トンマッコルへ突然墜落した連合軍兵士スミス(スティーヴ・テシュラー)と、落伍した人民軍イス(チョン・ジェヨン)の一行、自軍部隊から離脱して道に迷った国軍ピョ・ヒョンチョル(シン・ハギュン)一行が、トンマッコルで出くわしたことから始まる。決して共にすることがない彼らが一同に集まり、平和だったトンマッコルにはみなぎる緊張感が漂う。戦争など知るよしもない山奥の江原道山村、トンマッコル。そこに集まった韓国軍、北朝鮮軍、米軍一行は、お互いを警戒しながらも、手榴弾も恐れないヨイル(カン・ヘジョン)と、‘手を上げろ’の降伏の意味さえ知らない、純朴で無邪気なトンマッコル住民にだんだんと同化されていく。超緊張状態だった最初とは違い、彼らは畑仕事やイノシシも捕まえ丘ソリも乗りながら、ますますお互いに心を開き仲間になっていく。しかし、戦争中の平和もしばし、戦争の緊張感はトンマッコルまで及んでしまう。


ロケ地あれこれ

トンマッコルを訪れた人を一番最初に出迎えるのは、村の中央にそびえ立つ大きな亭子木である。亭子木を中心に村の周辺には小さな小川と橋があり、その横にはブランコ、井戸や洗濯場と鍛冶屋、トイレなどが色とりどりに配置されている。上部には、連合軍が墜落した飛行機の模型が目を引き、平床が広がる村長の家と、人民軍、国軍が寝泊まりした小さな部屋も、心惹かれるものがある。しかもこのすべては、何もなかった山を切り崩し道を舗装し、木を植え小さな小川を作って完成させた、人工村だという事実は、訪問客を感心させる。また、無料で見学できるので気軽に村を訪れ、映画の中で感じることができなかった、一風変わった楽しさを感じられ、思い出作りに最高である。

Map

利用案内

アクセス情報

鉄道・バスアクセス情報

マイカーアクセス情報

映画"トンマッコルへようこそ"のエキサイティングなストーリーが繰り広げられたロケ地は、美灘面栗峙里(ウルチリ)にある。嶺東高速道路に乗り平昌I.Cで降り平昌方面に進み、美灘に出てたら栗峙里三叉路という道に出てくる。そこから寧越方面に2kmほど進み右折すると、非舗装道に出るので、その道に沿い再び2kmほど進むと、ロケ地入口に到着する。ロケ地入口に到着すると、まず片側には、山から降りてくる涼しくきれいな水が人々を迎えてくれる。水を一口、暑さを冷やした後、車も通れない一本道を、再び150m程度上がると、ついにロケ地に到着する。

映像

周辺観光地

image thumbnail

ドンノミ カルスト

1477 0

image thumbnail

トンマッコル村へようこそ

1720 0

image thumbnail

水河溪谷(スハケゴク)

1491 1

周辺レストラン

image thumbnail

ノルダガゲ

597 0

image thumbnail

ヒョニネ食堂

383 0

image thumbnail

平昌(ピョンチャン)ウリ

385 0

image thumbnail

チョガッジプヤンニョムチ

433 0

image thumbnail

グムパジョン

443 0

image thumbnail

ウンソンタッカルビ

490 0

周辺宿泊営業所

image thumbnail

金鉱荘旅館

566 0

Site&Language

Social Media